小終夜〜夜のひとときに小さな出会いを

お気に入りのiPhoneアプリとがんばり屋さんに贈る心がほっこりする本のご紹介。 初心者にも簡単に作れるお料理レシピもどうぞ。

働き女子のための「ボディケア」

Post on: 2013/09/03 Categories: Beauty

働き女子のための「ボディケア」

1日がんばったあなたの体。労ってあげてますか?

がんばっているからこそ、家に帰ったらもう何もしたくないよ〜。そう思う気持ちはわかります。でも、疲れた体をそのままにして、翌日もさらにそのままにして・・・。どんどん疲れがたまってしまったら、なかなか疲れが抜けなくなってしまいます。

そうなる前に、ほんの少し、あなたの体に優しくしてあげましょう。そのための方法を今日はご紹介します。

 

スポンサーリンク

栄養バランスのよい食事は体の基本

だれでも頭ではわかっていることだと思うんです。でも、食事はやっぱり基本です。食事をおざなりにしていれば、体はますます疲れていくばかり。

1日の食事を思い出してください。どんなお食事をされたのでしょう。お肉やお魚、お野菜も、バランスよく食べられましたか?

もし、今日の食事がバランスが悪くても、ほんの少しの工夫で明日から少しずつバランスのとれた食事にしていければ大丈夫。

例えば朝食は珈琲だけ、なんていう人は、果物を1品プラスしてみるとか。お昼には定食を選んでみたり、サラダを追加してみたり。いつも濃い味のものが多ければ、薄味のものを増やしてみるとか。そういう簡単なところから初めていけばいいのです。

もし、何かをプラスしたら量が多いと感じるときは、ご飯やパン、麺類といった主食が多くないか考えてみてください。主食を抜くのはおすすめしませんが、多いと感じたら潔く残しましょう。

そして夕ごはんは、できれば手作りのものを食べてほしい。無理の無い範囲で良い食材を使って、ほんの少しでいいから手をかけてあげる。

それだけで体は大事にされていることを感じます。体は大事にしてあげればきちんとそれに答えてくれるものです。あなたの身体や肌、瞳がいきいきとしてくるはずです。

今日のこりや強張りはその日のうちにリフレッシュ

毎日のお風呂。ちゃんと湯船に浸かっていますか?シャワーだけで済ませていてはいけません。しっかりと湯船に浸かることは特に女性にとって大切なことなんです。

夏でも湯船に浸かるとお湯が熱いと感じます。体の芯まで温まる感覚がある。ということは、体が冷えているということなんです。

冷え性の女性は多いですし、男性に比べて女性のほうが冷えやすいということもあると思います。でもその冷えを放置していてはダメなんです。血行不良や婦人科系の不調が起こってしまったり、寝付きが悪くなるなどいいことは何もありません。

1日がんばって疲れてしまった体は、湯船に浸かってしっかりと温めてあげましょう。

また、ゆったりとしたバスタイムを取ることで、体も心もリラックスできます。好きな香りの入浴剤などを使ってさらにリラックスできるといいですね。

体がしっかり温まったら、湯船の中で疲れた体を優しくマッサージしてあげたり、入浴後に軽くストレッチをするなどしてあげるのもいいですよ。

ただし、お風呂に入るのは寝る2時間前くらいまでに済ませておくほうがいいです。人は体温が下がってくる時に眠くなるそうなので、入浴後の温まった体では眠くなりにくいのです。

かといって逆に冷やしすぎてもいけません。せっかくお風呂で温まったのに、エアコンの風で冷やしてしまわないように、室内温度は下げ過ぎないように気をつけて。

寝る前の1時間はがんばった体を甘やかす時間

寝る前は一番心地よく過ごしてほしい時間です。脳を休めるために、できればなんにも考えない時間であってほしい。でもそれってとても難しいんですよね。だからあなたにとって一番心地いい時間を過ごすことで、少しでも脳を休めてください。

大好きなアーティストの優しい曲にゆったりと聞き入ったり。子供の頃からのお気に入りの本を読んだり。

一番のおすすめは、夜空を眺めること。そこには月や星が瞬いています。ぼんやりと眺めるだけでいいんです。夜空でも雲が見えます。ゆっくりと漂う雲を見つめるのもいいし、なんとなく星座を見つけたり、月のうさぎを想像したり。

夜空を見つめていると、ふと、いろいろな音がすることに気が付きます。少し前までは夜も蝉の声が聞こえました。今頃の時期は鈴虫などの虫の声。鳥の声。風の音。時には雷鳴。車などの人工的な音だけじゃなく、自然が奏でる音を聞くのも、心休まると思います。

寝るまでの少しの時間、リラックスして眠るための静かな時間を取ることは、心地よい眠りのためにも有効だと思います。

何よりも大切なのは、あなたの体の声を聞くこと

ここまで私なりのボディケアについてお話してきましたが、あなたの体のことは、あなた自身の体が誰よりも一番知っています。その声に耳を傾けてあげてください。

脚がむくんでいると気が付いたなら、マッサージしてあげて。目が疲れてると思うなら、蒸しタオルなどで緩めてあげて。

きっと体の不調には気がついていると思います。その一つ一つを無視をしないでその日のうちにケアをしてあげる。それだけであなたの明日は元気に輝いていくはず。

読んでいただきありがとうございます。
1日1クリック、
応援していただけるとうれしいです♪