小終夜〜夜のひとときに小さな出会いを

お気に入りのiPhoneアプリとがんばり屋さんに贈る心がほっこりする本のご紹介。 初心者にも簡単に作れるお料理レシピもどうぞ。

眠りの質がわかる『Sleep Cycle』

Post on: 2013/09/11 Categories: application, iPhone

SleepCyclealarmclock-icon

眠りについて以前「「心地よい眠り」につくための3つのヒント」という記事を書きました。

では実際、良質な睡眠がとれているのでしょうか。朝スッキリ目が覚めたとか、起き上がれないほどツラいというようなときはすぐに良し悪しがわかります。

でも、なんとなくだるいような気もするけど、う〜ん。そんな風に「イマイチ」な時、眠りの質ってどうなんでしょう。

それを数字で教えてくれるアプリが『Sleep Cycle』というアプリです。

『Sleep Cycle』は眠りが浅くなった時に気持ちよく起こしてくれるアラームアプリです。でも私は『Sleep Cycle』を快眠度をはかるために使っています。

毎日記録が残るので、快眠度が睡眠時間や気分、体調などによってどれくらい影響を受けるかというのがわかってきます。

快眠度が下がってくれば、どこかで何か無理をしていないか、疲れを取るためにできることはないかなど、自分の体を労る指針になります。快眠度が上がれば、気分よく過ごせていることが数字として見えてくるので、安心します。

体と心にいろいろな影響を及ぼす睡眠を味方につけるツールとして『Sleep Cycle』はおすすめ。今日はこの『Sleep Cycle』の簡単な使い方をご説明します。

ダウンロードはこちらから⇒Sleep Cycle alarm clock – Maciek Drejak Labs

 

スポンサーリンク

Sleep Cycle
アプリを立ち上げると測定開始画面が現れます。一度設定をしてしまえば、毎日この開始ボタンを押せば良いだけなので、使い方は簡単です。

 

Sleep Cycle
まずは設定をしましょう。

アラームをオンに設定するとアラーム音、音量、バイブレーション、スヌーズモード、アラームサイクル、週末の設定ができます。アラーム音はデフォルトを入れて16種類とライブラリーの曲も選べます。

アラームサイクルは30分が推奨されていますが、10分、15分、20分、30分、45分、60分、90分から選べます。最初は30分から初めて、睡眠ログをみて調整されるのがいいと思います。

週末を設定すると、アラームは鳴らず、睡眠ログだけを撮ってくれます。

睡眠導入音を鳴らすことが出来ます。波の音や雨の音、鳥の声など13種類。眠りについたことを検知したら自動でフェードアウトする設定がおすすめ。

睡眠メモを設定するとお茶や珈琲を飲んだことや運動、ストレスなどを記録できます。また、自由に自分で追加できます。寝起きアイコンは寝起きの気分を3種類で記録できます。

睡眠データをエクセルなどでの分析用にCSV形式で書き出すことが出来ます。きちんと記録を残したいときなどに使えますね。

 

Sleep Cycle
睡眠ログはこのような感じで毎日記録されます。グラフは覚醒と深い睡眠を表しています。

iPhoneを横に向けると、詳しいグラフが表示できます。表示できるのは、快眠度、曜日別快眠度、曜日別睡眠時間、就寝時間、睡眠時間、睡眠メモによる快眠度の変化。

 

Sleep Cycle
「はじめに」を読んでいただくと、正しい設置の仕方や設置のテストが出来ます。使うときは充電した状態で使ってください。測定中はiPhoneを起動したままになりますので。

眠りの浅い時に起こしてくれるアラームアプリは有料無料合わせて結構たくさんでています。私もいろいろ使ってみました。

でも快眠度など睡眠の質を見るために使うアプリとしては、安定していて必要な記録ができるという点で私はこの『Sleep Cycle』が一番気に入っています。

眠りが浅い、スッキリ起きられないなど睡眠に関してお困りの方は一度試してみては行かかでしょうか。

ダウンロードはこちらから↓↓↓
SleepCyclealarmclock-icon Sleep Cycle alarm clock
開発: Maciek Drejak Labs
掲載時の価格:170円
カテゴリ:ヘルスケア/フィットネス

 

読んでいただきありがとうございます。
1日1クリック、
応援していただけるとうれしいです♪