片付け

ミニマリストに憧れ。

投稿日:

こんばんは。

 

現在の私の部屋は、まぁ、汚部屋です。歩く場所もありますし、日常使うテーブルも多少ものは乗っていますが、使えます。でも、部屋の隅に整理できずにいる本や雑貨などが積まれていたりします。

ずっと何とかしたい、片付けたい。スッキリした部屋に暮らしたい。そう思っているのですが、なかなか実現せずにいます。

 

ここ数年聞かれるようになった、「ミニマリスト」という言葉。レベルは様々ですが、スッキリと物のない部屋の写真を見るたび、ずっとずっと憧れています。

ええ、ずっと、憧れたままなんです。

 

これまでにも、断捨離をいろいろしてみたりしたんですが、あっという間にリバウンドします。一番簡単にリバウンドしたのは、洋服と本。あっという間でした。処分する踏ん切りのつかないものも、本当にたくさんあります。

それでも今でも、あんなスッキリしたら、きっといろいろな面で楽になれるんだろうなぁって思います。

 

部屋が散らかっている人は、心や頭の中も散らかってるってよく言いますよね。まさに私はこれだと思います。すぐに興味の対象が変わってしまうし、優柔不断だし。自分が何をどうしたいのかわからないこともとても多い。

部屋を片付けると頭の中も整理されるって書いてる本があったんですけど、どちらもうまく片付けられない場合は、どうしたらいいのかと思います。

 

たくさんの片付けの本を読みました。どの本を読んでも、結局は絶対量を減らすことがまず第一だと思います。でも、ゆっくり減らしていては、減らしているそばから増やしてしまう。

なので私は、減らす前に所有する量を決めたらいいのじゃないかと思っています。例えば、本はこの本棚に入りきる分だけ。溢れた分は処分する。など。先に決めなければ、とっておきたい本は山程になってしまうんです。

洋服も同じ。トップスは春夏何枚、秋冬何枚。など決めてしまう方がいいのかなって。ただ、この決めるのがとても難しい。自分がどんなスタイルで、どれくらい着まわしたいかなど、本当に自分に向き合わないと後で後悔することになりそうで。

 

部屋もそうなのですが、パソコンやスマホの中身も散らかっています。特に本はデジタル化しても増え続けていて、これは捨てなくて済むと思っていましたが、そうすると保存容量を食う訳で。デジタルだろうと紙の本だろうと、整理整頓しなければならなくなるのは変わらないようです。

 

スッキリした部屋で快適に暮らせる日が来たら、そんなお話を書けたらいいなと思っています。

 

どうぞ気持ちは穏やかに、静かな夜を。

読んでいただきありがとうございます。
1日1クリック、
応援していただけるとうれしいです♪

-片付け

Copyright© 小終夜〜夜のひとときに小さな出会いを , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.