パーソナルカラー ファッション 骨格診断

パーソナルカラー診断、骨格診断で参考にしている本1

投稿日:

こんばんは。

今回は、私がパーソナルカラー診断や骨格診断について学んだ本をご紹介します。結構色々読んだんですけどね。基本はだいたい同じです。ただ、コーディネートがわかりやすかったり、大人向けだったりとかします。人によって合うか合わないかがあると思いますので、参考程度にどうぞ。

 

おしゃれが苦手、センスがなくても大丈夫! わたしに似合う「美人服」の見つけ方


私が似合うを探すために初めて買ったものです。これはちょっと分類が違う本です。肌色と顔立ちでパーソナルタイプを診断します。肌色で黄みが似合うゴールド、青みが似合うプラチナ。顔立ちでフェミニン、クール。掛け合わせて4種類のパーソナルタイプを出します。通常のパーソナルカラーや骨格タイプとは違うので、その点こちらは混乱するかもしれません。ただ、大人のおしゃれについてのレクチャーは学ぶところも多かったです。

 

骨格診断とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則


そもそもの骨格診断とかパーソナルカラー診断とかって何?というところから、わかりやすいセルフ診断まで紹介されていて、診断用のカラーシートもついています。基本となる本だと思います。また、パーソナルカラーと骨格タイプのそれぞれの掛け合わせのコーディネート例が載っているのも嬉しい。ただし、全編イラストですので、実際の服がイメージしづらい方もいるかもしれません。

 

似合う服の法則でずるいくらい美人になっちゃった!


コミックで読みやすいのが魅力の本です。骨格タイプは通常とは違いメリハリタイプ、ソフトタイプ、スレンダータイプとなっています。それぞれのカラータイプ、骨格タイプに合わせて、アイテムごとの選び方も解説されていてわかりやすいです。お財布にも入るくらいの大きさの似合う色のパレットがついています。

 

運命の11着を選べると女の人生は動き出す


こちらは骨格診断に特化した本です。各タイプごとに運命の11着として、それぞれのタイプでメインとなるアイテムの選び方から丁寧に解説されています。そのアイテムを使ったコーディネートはオフィスやプライベートなどシーンごとに紹介されています。

 

少ない服でも素敵に見える人の秘密


こちらも骨格診断に特化した本です。各タイプの服を豊富な写真でわかりやすく説明されています。実際の各タイプの方が、似合う服を着こなした姿が見れるのもポイント高いですね。モデルとなっている方がおそらく30代くらいの方と思われますので、大人なスタイルとしてのコーディネートになっていると思います。

 

美人だけが知っている似合う服の原則


こちらの本は新・パーソナルカラー診断として、通常のものとは少し違います。診断は肌質、虹彩、トップスの似合う色から判断します。通常は髪の色も診断基準になるのですが、ヘアカラーをしている人が多いので、除外しているそうです。骨格診断はありません。代わりに流行の4つのスタイル、エレガント・ゴージャス、マニッシュ・モード、ロマンテック・ナチュラル、スポーティ・カジュアルをそれぞれパーソナルカラー診断と合わせて紹介されています。

 

(骨格診断)×(パーソナルカラー)本当に似合う服に出会える魔法のルール


色々な本を読んできて、この本が一番わかりやすく、実用的だったと思います。パーソナルカラー診断と骨格診断のセルフ診断や解説はもちろん、その上で似合うベーシックアイテムをそれぞれに紹介されています。診断についての解説はイラストですが、アイテムやコーディネイトは写真です。また、診断カラーシートだけじゃなく、タイプ別のカラーチップがついているのもオススメです。巻末には骨格×カラーアイテム早見表もついていて、最初に揃えていくアイテムがわかりやすいのもポイントです。

今月には「骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合うBestアイテム事典 [ 二神弓子 ]」という新刊(続編?)も発売されるようです。

 

本によって、診断の質問が違ったり、分類が違ったりします。読めば読むほど混乱することもあります。こういった分類のない、コーディネートを指南した本などを読むと、さらに混乱します。それでも、知る、というのは大切だと思っています。(というか、もともと本の虫だったりします笑)いずれまた、ファッション関係の本もご紹介したいと思っています。

 

ではまた。どうぞ今夜も暖かな夢の世界へ。

読んでいただきありがとうございます。
1日1クリック、
応援していただけるとうれしいです♪

-パーソナルカラー, ファッション, 骨格診断

Copyright© 小終夜〜夜のひとときに小さな出会いを , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.