小終夜〜夜のひとときに小さな出会いを

お気に入りのiPhoneアプリとがんばり屋さんに贈る心がほっこりする本のご紹介。 初心者にも簡単に作れるお料理レシピもどうぞ。

山芋嫌いでも食べられる山芋おにぎりの作り方

Post on: 2012/06/03 Categories: Food, レシピ

山芋おにぎり

ご紹介するのは「山芋おにぎり」

これは以前女子会で居酒屋に行ったときにコース料理として出てきた料理なんです。私は山芋が苦手なので、普段だったら絶対に頼まない料理なんですけど、 コースだったので1つくらいはと食べてみました。それが結構美味しかったんですよ。山芋っぽくなくて。なんとなくおにぎりっぽくて。家でも作れそう~って 思っていたので、作ってみちゃいました。お店の人に聞いたのではなく、完全に自己流ですんで、お店の味とは若干違いますが、簡単に美味しくできたのでご紹 介します。

スポンサーリンク

材料

  1. 山芋:こぶし大くらいのもの1個(大和芋や長芋と書かれたものでもOKです)
  2. のり:2枚(タテ21cm×ヨコ19cmの一般的な大きいやつ)
  3. ちりめんじゃこ:大さじ1~2(お好みで)
  4. かつお節:5gくらい(お好みで)
  5. 梅干:1~2個(お好みで)
  6. だし汁:大さじ2
  7. しょうゆ:大さじ1
  8. 酒:大さじ1/2
  9. サラダ油:適量(揚げ油用)

作り方

  1. 梅から種を取り除き、包丁で叩いてペースト状にしておく
  2. 山芋を大根おろしやすり鉢などですりおろす
  3. 天ぷら鍋に油を適量いれ火にかけ、180度くらいに温めておく
  4. 山芋に、だし汁、しょうゆ、酒を入れてよく混ぜる。(このときすり鉢だと良く混ざります。ボウルの場合は・・・頑張ってください笑)
  5. 4に1の梅干を少しずついれ全体に行き渡るようによく混ぜる
  6. 5と同様にかつお節、ちりめんじゃこを混ぜる
  7. のりをほぼ正方形状に4等分する
  8. のりに6を大さじ2くらいの量を乗せ、三角形に折る
  9. 8を3にそっと入れ、両面きつね色になるくらいに揚げる
  10. よく油を切って出来上がり

ポイント

山芋のはすりおろすとねっとり感が増して、調味料や具を混ぜるのが結構難しいです。一気にいれずに、少し入れて混ぜてみて、様子を見ながら混ぜてください。特に梅肉は混ざりにくいので気をつけて。

のりに乗せた後は山芋のねっとりがくっついてくれるので、半分に折って三角形にしたら、頂点をちょっと押さえるだけで十分です。

材料は生で食べても大丈夫なものばかりですから、中まで火が通るのを心配して真っ黒になるまで揚げなくても大丈夫です。のりの周りの泡が小さくなったら油から取り出してください。

読んでいただきありがとうございます。
1日1クリック、
応援していただけるとうれしいです♪