小終夜〜夜のひとときに小さな出会いを

お気に入りのiPhoneアプリとがんばり屋さんに贈る心がほっこりする本のご紹介。 初心者にも簡単に作れるお料理レシピもどうぞ。

焼きそばをおいしく作るための簡単なコツ

Post on: 2012/06/04 Categories: Food, 料理のコツ

やきそば

どーも♪ 今日は焼きそばです。

焼きそばって、普段お料理をしない方でも手軽に出来るし、1人前から作れるから一人暮らしで常備されている方もいらっしゃるかと思います。

焼きそばの袋の裏にはちゃんと作り方が書いてあるし、そのとおりに作ればちゃんとおいしく作れます。 味付けもソースがついてますから味付けで失敗するようなこともほとんどないと思います。もちろん、メーカーや製品によって味が違ったり好みはあると思います。でも、どんなメーカーのものでも、この一手間のコツで「おっ?」っと思うくらいにはおいしくなりますよ。まぁ、知っている人はとっくにやっていることだと思いますけど(笑)

スポンサーリンク

誰にでも簡単に出来ちゃう焼きそばをおいしく作るコツは・・・

野菜を先に炒める」です。

え?そんなこと?って思います?でもこれがコツなんです。

焼きそばの袋の裏に書いてある作り方は、だいたい

1,肉を炒め

2,肉に火が通ったら野菜を炒め

3,麺と水を入れて蓋をして蒸し

4,付属のソースを良くからめて出来上がり。

という感じだと思います。

でもこの方法だと、お肉に火が通り過ぎてしまうんですよ。さらに、麺を入れて蒸せば火が通ると思って 野菜をしっかり炒めないうちに麺を入れてしまうと、ソースを入れた後に野菜に火が通っていないからと過剰に炒めてしまうことがあります。そうすると水分が飛びすぎてしまいます。だから野菜を先に炒めるんです。

野菜を先に炒める焼きそばの作り方

フッ素コートのフライパンなら油は不要です。鉄などの場合は薄く油をひいてくださいね。カットした野菜を炒めます。塩分を気にされない方は塩を一つまみ入れると野菜の水分が程よく出て火のとおりも早いです。入れなくても大丈夫です。野菜が全体的に半生くらいに炒められたら一度ボウルやお皿に取り出します。このとき、野菜から出た水分も一緒に取り出しておいてください。野菜の旨味がでた大切な水分です。

同じフライパンに油を引きます。そして肉を火が通るまで炒めます。その上に先程炒めた野菜を入れ、軽く混ぜて麺を入れて水を入れて蓋をし蒸し焼きにします。最後にソースを入れてからめて出来上がりです。

この方法だとそれほど炒めすぎることがないので必要な水分を飛ばしてしまうことがなく、おいしい焼きそばが出来上がります。特に3,4人分を一度に作りたいときはオススメ。

ぜひ一度お試しあれ~♪

読んでいただきありがとうございます。
1日1クリック、
応援していただけるとうれしいです♪